PAGE TOP

住宅ローンを払うのが苦しい人は売却せよ!

住宅ローンが苦しい人は、住宅を手放してしまった方がいい場合があります。ローンの残債もしっかり返してある程度の自己資金ができるという場合もあるのです。築年数がまだ新しいうちの売却であれば、かなりの高値での売買もできるかもしれませんよ!
TOPPAGE > 横浜市は青葉区のマンション査定価格はどの程度か?

青葉区のみだと年間でだいたい400件程度の成約があるそう

自分の売却したマンションは横浜市の青葉区なのですが、このエリアはだいたい年間で400件弱の成約があるそうです。(不動産会社談)しかし、実際に売却されたことを報告しない不動産会社もあるそうなので、もっと売れている可能性はあるとのことでした。

公表されているデータだけを見ると、月に30人前後の中古マンション希望者がいることになりますね。

ただし、それらの希望者は、他所のエリアのマンションを検討していたり、賃貸か?新築か?ということでもいろいろ検討材料があると思いますので、いかにして自分の物件を気にいってもらえるか?というところがポイントになってきます。

購入当初は3900万円の物件。5年以内でも値落ちしますね。

青葉区のそのマンションの購入価格は3900万円。頭金ガ600万円でしたので、売却を考えた時点での残債は3,000万円でした。そのころまでは700万円という世帯収入であったため、なんとかやりくりできていましたが、会社の業績悪化が著しく売却を決意。

そこから査定をしたという流れです。それでも、査定額はやっぱり最高でも3500万円ですからたった3年とは言えずいぶん値落ちしますね。

購入してから物件の価格が上がるということも昔はあったそうですが、人口が減っている昨今ではそれはもう本当に一部の地域を除いてあり得ないそうです。

査定で3500万円ですから、現実的に仲介売却だとしてもそこからさらに価格が下がるのが通常です。

査定額で安心してはならないことを覚えておきましょう。

青葉区の坪単価について

青葉区の坪単価は下記の通りとなっています。※2015年に売買されたマンションの単価

5年以内    209万円

5年〜9年   193万円

10年〜14年 172万円

15年〜19年 131万円

20年〜24年 83万円

25年〜29年 110万円

自分の物件の売れた金額は21坪で3300万円ですから、坪あたり160万円と相場よりは安い結果でした。もしかしたらもう少し高く売れたのかも……。という思いもありますが、過去の平均した結果だけでは判断できません。もしかすると飛びぬけて高い億ションが売られたという可能性もありますしね。ここの相場くらいの金額で売れたとすれば、かなりいい結果なのではないでしょうか。

Copyright (C) 2014 住宅ローンを払うのが苦しい人は売却せよ! All Rights Reserved.