PAGE TOP

住宅ローンを払うのが苦しい人は売却せよ!

住宅ローンが苦しい人は、住宅を手放してしまった方がいい場合があります。ローンの残債もしっかり返してある程度の自己資金ができるという場合もあるのです。築年数がまだ新しいうちの売却であれば、かなりの高値での売買もできるかもしれませんよ!
TOPPAGE > いつ会社の業績が落ち込むかは本当に分からない

住宅ローンが払えずに最悪の競売という事態を招いている人が増えている

住宅ローンは借金。会社の業績ダウンと同時に自分の生活が脅かされるという状況もあり得ます。そんな時に住宅を手放すという選択をする人が増えています。

ローンを組む時は会社の信用度が高い状態であっても、経営者の失態であったり、急激な市場の落ち込みなどで会社の経営が傾くことは何も他人ごとではありません。

昨今の家電業界を例とすると、シャープや東芝などが苦境に立たされているのが分かると思います。自社製品を国内で作るのではなく例えば海外で……となると、途端に仕事がなくなり収入が激減してしまうという人もいるのではないでしょうか。

住宅は担保にもなりますが負の遺産としても残ります

もし給与カットなどがされるようであれば、担保として残しておきたい住宅も思い切って売ってしまうのも十分にありです。

借金を頑張って返している途中で、自分自身が倒れてしまうという状況もゼロではないのです。また、巨大地震などで住宅の価値が激減してしまい、売ろうにも売れなくなるという状況に追い込まれるというのも他人ごとではないですよね?

もしローンに関する不安を抱えていて、会社の状況が思わしくないなどの心配があるのであれば一度査定をしてみて価値だけでも知ってみるのがいいのではないでしょうか。

Copyright (C) 2014 住宅ローンを払うのが苦しい人は売却せよ! All Rights Reserved.